中ノ岳 十字峡より 丹後山縦走

越後三山の最高峰、二百名山の中ノ岳に行ってきました!
以前から気になっていた山でしたが、私の体力では難しい山!という認識でした。

この難しい山、中ノ岳を最短で行くためには十字峡からのコースになります。このコース出発地点から山頂までの標高差が約1,600mもあるんです

山頂までの距離は程々ですが、その距離でこの標高差!どんだけ急登なんっ!と敬遠していた山です(笑)

この急登のコースで行くか若しくは他の山を経由し長い距離を縦走しないと辿り着けない『中ノ岳』に憧れがあり、いつかは行ってみたい!と思っていました。

秋になり涼しくなってきたのと、この急登に挑戦してみようという考えでとうとう行っちゃいました。
しかも今回は、こんな敷居が高い山なのに丹後山まで縦走するなんて・・・考えが甘かった

今までで一番大変な山歩きとなりました。

画像

↑戻ってきたとき、この言葉がとっても身にしみました・・・


2016/9/24 (土) 
単独
5:40 十字峡登山センター駐車場
8:00 日向山(5合目) 8:15
10:00 中ノ岳山頂 10:25
12:15 兎岳
13:20 丹後山 避難小屋で昼食 13:50
16:15 栃ノ木橋登山口
17:05 駐車場

前日の夜中に現地入りし、当日に備えます。
朝ごはんを食べ出発です!

駐車場にある登山センター 二階を利用できるようでした
画像


今日のルートです。山頂で余裕があったら縦走しようと考えていました
画像


コンクリート被覆の階段を上っていきます。
画像


5分くらい歩いて熊鈴忘れたことに気がつきました!
オレ何してんだよっ!と思いつつ取りに戻りました

八海山が見えます。まだまだ見上げる感じですね
画像


巻機山方向
画像


しゃくなげ湖はガスの下
画像


コース状況は1合目からいきなりの急登!
鎖場もあります!
画像

画像


たぶん2合目、しゃくなげ湖のバックウォーター
出発地点傍の発電所も見えます
画像


八海山 左の尖がりが入道岳でしょう。 少し標高上がったようです・・・
画像


3合目を過ぎ、ブナ林になりました。
画像


5合目手前までの辛い急登を過ぎ、ついに中ノ岳が見えました!
と同時にあの急登を登っていくのか・・・という気持ちにもなった(笑)
画像


とりあえず日向山(5合目)で少し休憩
画像


6合目までは池塘がいくつかありました。一帯を生姜畑と言うそうです。
画像


でかっ!オニアザミ!
画像


大分、標高が上がってきました!
八海山
画像


まだまだ続く、急登
画像


ミヤマコゴメグサです
しんどい急登ですが、頑張って撮影!しゃがむと太ももがプルプルです(笑)
画像


池ノ段分岐(9合目)に着きました。
本当にここまで急登の連続で大変でした
画像


池ノ段からは荒沢岳が見えます!
画像


あと少しで山頂!山頂からの眺望を楽しみにしていたのですが・・・・
突然ガスってきました! おいっ!!やめてくれーーーっ!!!(泣)
画像


少し(かなり)悲しい気持ちで中ノ岳山頂に到着
画像


気をとり直し、とりあえず記念撮影
3等三角点中ノ岳にタッチ
画像


本当はここから八海山や百名山の越後駒ケ岳を見下ろしたかった!残念ですがしょうがありません

中ノ岳避難小屋を見に行きます
画像

画像

画像


中ノ岳山頂に戻ったとき、このまま下山はもったいない、ひょっとしたらガスが晴れるかもしれないし・・・
晴れたら気持ちの良い稜線を見ることができるかも!と思ってしまったんです・・・
確かに距離は歩くけど、標高は中ノ岳が一番高いわけだし、そんなに辛くないのでは?と軽い気持ちで縦走を開始しました。これが後で自分の考えの甘さを思い知らされることになりました・・・

ガスの晴れ間に撮影、これから向かう稜線 まずは小兎岳に向かいます
画像


アカモノが咲いてました
画像


ヤマハハコと思います
画像


小兎岳に向かう稜線 とても良い景色です!
画像


この辺りで夕方までに下山できるのかが心配になってきました。そう思うと精神的に追い込まれ、昼食も採らずに歩き続けた・・・その結果シャリバテ気味になり正しい判断がつき難くなったように思います。

小兎岳より兎岳の登り返しを見て愕然としました・・・まじか!?

イワショウブ
画像

画像


何とか兎岳に到着、ガスガスの山頂です
画像

しっかりこれは撮影
画像

来てしまいました・・・が率直な感想

兎岳から大水上山の間、精神病んでいたので撮影してませんシャリバテです
確かこの登り返しを見て頭にきてたような気がします・・・

行動食をかじりながら丹後山を最低でも14:30に出ないと厳しいかなと考えながら歩いていました。休憩したいと思っていましたが、丹後山に何時に到着するかわからなかったので休憩することができなかった。

大水上山に到着
画像


利根川水源の碑
画像


最後、丹後山に向かう稜線です。
画像


丹後山山頂に到着!13:20やっと休憩できる・・・(嬉)
画像


避難小屋で休憩です!
画像


少し余裕が出てきました、けれど脚が痛くてチャンと下れるか不安でした
ゆっくり歩けるようになるべく早く休憩を終え、下りに向かいます

この山の景色、最高でした!
画像

画像


下りはひたすら忍耐!踏ん張りが利かないのでゆっくり休憩しながら行きました。
で、何とか登山口まで辿り着けた
画像


あとは平坦な林道を川沿いに歩くだけです。楽チン楽チン、脚は限界でしたが気持ちが開放されてました
画像


林道のゲートに着きました! 駐車場は目の先です(嬉)
画像

画像


駐車場に着きほっとしたのが率直な感想でした。今回自分の判断の甘さで一歩間違えたら人様に迷惑をかけるところでした。。。情けない話ですが忘れないように率直な気持ちを記しました。。。

また、最後の林道歩きで群馬県の方と一緒に歩いて帰ってきました、とても心強く感じました!ありがとうございます。中ノ岳に向かう途中でお会いし、縦走するとは知りませんでしたよ。丹後山の避難小屋の休憩を終え、すれ違ったときは神様に見えましたよ(笑)←ずっと一人だったので心細かったのです。

お互いに疲れきって『こんなに辛いと思わなかったよね』って言ってましたね(笑)
また何処かでお会いできると良いですね

とても辛く、けれども良い経験をさせて頂きました。
景色はほぼガスっていたので心残りがありますが、いつかまた行きたいと思います。
でもあの急登は少しトラウマになりそうですが・・・(笑)

ログです


筋肉痛半端ないっす
お疲れ様です

この記事へのコメント

2016年09月30日 18:48
お疲れ様でした
同じ県内なのにまだ一度も行った事のない山域です。
当面まだ私は行く余裕がありませんが、時間が取れたら参考にさせて頂きたいと思います♪~
2016年09月30日 21:02
リッキーさん こんばんは
今回は叶いませんでしたが、晴れていると丹後山からは八海山、中ノ岳、駒ケ岳が並んで見えるそうです。実はこれが見たかったんですよね。
けど『クマザサ』の稜線、とても気持ちが良かったです!

リッキーさんは物知りなんで参考になるレポートがたくさんあります。いつも判らない花があるとリッキーさんのブログを見て教えて貰っています(笑)
今はお忙しいようですが、また沢山の記録楽しみにしています。